ハクビシン駆除の情報収集ならおまかせ!|ハクビシン駆除ナビ|ハクビシンが屋根に住み着く理由

フリーダイヤル0120-021-072

最新情報・レポート

ハクビシン駆除:15800円〜&日本全国受付対応|ハクビシン110番の最新情報・レポート記事ページです

ハクビシンが屋根に住み着く理由

ハクビシンは元々野山に生息している動物なのですが、最近では住居や施設の天井裏などに住み着くことが問題になっています。
ハクビシンが屋根裏に住み着くことで、騒音問題・衛生環境の悪化など様々な問題が発生します。元々野山に住んでいたハクビシンはどうして人間が生活している建物内に住み着くようになってしまったのでしょうか?それには以下のような理由が考えられます。

洞窟や木の上に似た環境である
ハクビシンは本来洞窟のような自然に出来た穴や木の上などで生活をしています。天井裏は暗くて閉鎖された空間なので、ハクビシンが普段生活している環境に非常に似ています。その為ハクビシンが住み着いてしまうと考えられます。

天敵がいない
屋根裏には他の動物が生息していないので、天敵となる動物が存在しません。その為、天井裏という場所はハクビシンにとって非常に安全な場所になってしまうのです。

温かい 天井裏は雨風を防げるだけではなく、非常に温かいのです。ハクビシンの被害が急増するのは秋から春にかけてが多いことから寒さを凌ぐことが目的で天井裏に侵入してくるのではないかと考えられています。

このようにハクビシンが天井裏に侵入してくる理由は様々あります。ハクビシンは捕獲を行うよりも侵入を未然に防いだほうが被害が少なくて済みます。当サイトではハクビシンの捕獲以外にも侵入防止対策のご相談を承っていますので、ハクビシンが侵入しにくい夏の間に対策を練ってはいかがでしょうか?