ハクビシン駆除の情報収集ならおまかせ!|ハクビシン駆除ナビ|ハクビシンってどんな生き物?

フリーダイヤル0120-021-072

最新情報・レポート

ハクビシン駆除:15800円〜&日本全国受付対応|ハクビシン110番の最新情報・レポート記事ページです

ハクビシンってどんな生き物?

ハクビシンとはどんな生き物か知っていますか?害獣駆除の対象となっているアライグマは特定外来生物といわれていますが、ハクビシンに関してははっきりしていないそうです。国内にジャコウネコの化石記録はなく、明治時代に毛皮用として持ち込まれた、という説や明治以前より生息の記録とみられる文献や、江戸時代に書かれた雷獣は、ハクビシンではないかという説もあるそうです。環境省は、移入時期がはっきりとしていないため、ハクビシンを特定外来生物に指定しておりません。そのため、民家に棲み着かれたり、農作物を荒らされたという実害がないとハクビシンの駆除を行うことはできませんので、注意してください(地域により、行政の対応が違いますが、一般的には鳥獣保護法に守られています)。ハクビシンは、その特徴的な顔の模様が名前の元になっており、姿をはっきりと見ることができれば、ハクビシンと特定できるほどです。また、他のアライグマやタヌキといった害獣とは違い、高所の移動を得意としていて、市街地などでは、電柱や電線の上を走る姿が目撃されています。また、見た目も可愛らしく、ついつい餌をあげてしまいたくなる気持ちに駆られる方もいるそうですが、それはやめてください。地域によっては禁止されていますし、何よりハクビシンの被害が、ご自身だけではなく、周囲にも及ぶ危険性があるからです。ハクビシンの被害は、大きく分ければ二つです。家屋に侵入して、そこに棲み着いてしまう事。もう一つは、農作物を食い荒らしてしまうことにあります。住み着いてしまえば、糞尿による汚染や騒音問題といった生活環境被害に遭うことがありますし、農作物を食い荒らすのは、一般の方であっても、大切に育てた野菜や果物を荒らされ、農家の方であれば、生活にもかかわってきます。もしハクビシンの被害にお悩みの方であれば、行政に相談しましょう。地域によって変わりますが、対応してくれるところが多いです。しかし、被害に遭われていない場合は、あまり対応してもらえないかもしれません。行政の対応では、ちょっと不安があるなと思う方は、民間のハクビシン駆除のプロに相談し、防除などを行いましょう。