ハクビシン駆除の情報収集ならおまかせ!|ハクビシン駆除ナビ|ハクビシンと人間の病気について

フリーダイヤル0120-021-072

最新情報・レポート

ハクビシン駆除:15800円〜&日本全国受付対応|ハクビシン110番の最新情報・レポート記事ページです

ハクビシンと人間の病気について

ハクビシンが一躍話題になったのは、2000年台のSARS騒動ではないでしょうか。コロナウイルスという重症の呼吸器疾患を引き起こす病気で、中国を中心に凄まじい感染力を発揮、大パニックになりました。 この時、SARSの宿主ではないかということで、ハクビシンが挙げられたのです。ハクビシンは中国では一般的に見られるもので、食用としても用いられるものでした。 実施兄はハクビシンはSARSコロナウイルスの宿主ではないことが判明したのですが、そうでなくても野生動物であるハクビシンは人間にも感染するような病気を他にも持っています。 野生動物はいろいろな場所に出入りをしますから、体表面に様々な雑菌が付着しています。もし万が一、ハクビシンが触れたり、齧ったものを口にすれば、食中毒菌を体内に取り入れてしまうことも考えられますし、捕獲しようとして近づいて、停滞反撃を受けた上にひっかき痕やカミツキ痕から雑菌が入ることも考えられます。特にハクビシンのような哺乳類では狂犬病の保菌動物である場合も多いので、人間だけでなく、ペットの犬が襲われないようにすることも考えておく必要があるでしょう。 これらの危険があるので、見た目は可愛らしいハクビシンですが、早めの対応が必要になるのです。