ハクビシン駆除の情報収集ならおまかせ!|ハクビシン駆除ナビ|ハクビシンと言う生き物

フリーダイヤル0120-021-072

最新情報・レポート

ハクビシン駆除:15800円〜&日本全国受付対応|ハクビシン110番の最新情報・レポート記事ページです

ハクビシンと言う生き物

みなさんはハクビシンという動物の名前を知っていますか? その名前を聞いてピンと来る人は少ないと思います。 ハクビシンとはネコ目ジャコウネコ科に属する動物であり、その名の通り額から鼻にかけて白い線があるのが特徴の生き物です。 日本に生息する唯一のジャコウネコ科の哺乳類であって、外来種と考えられています。 ハクビシンは一見タヌキやイタチ、アナグマに似ています。 逃げたペットではないか?と思われることが多いのですが、それは違います。 東京都23区内にはハクビシンが1000頭以上生息していると考えられています。 その数はタヌキよりも多いのです。 ペットとしての事績がほとんどないハクビシンがこんなに逃げ出しているのはあり得ません。 ハクビシンは逃げ出したペットではなく、もともと生息している野生動物です。 1000頭というとかなりの数のように聞こえますが、東京都23区の面積から言うと生息密度は非常に薄いのです。 またハクビシンはトラブルがなければ害獣駆除する必要はありません。 トラブルが発生して害獣駆除する場合でも侵入防止対策が有効になります。 ハクビシンはどんな害を及ぼすのか? 具体的な例としては家屋内侵入、農業被害です。 ハクビシンは民家に入りこみ、天井裏や屋根裏をねぐら・巣にすることがあります。 すると、夜中にハクビシンが天井裏や屋根裏で走り回ったり、天井にフンや尿のシミが広がり悪臭が発生します。 またハクビシンは果物を好物都市、果樹園で被害が発生するケースがあります。 ハクビシンは凶暴などといわれることがあるようですが、根拠はありません。 寄せられた情報にも「ハクビシンが襲ってきた」という例はありません。 ですが、絶対におとなしい動物かと言うとそうでもないのです。 ハクビシンが特別危険と言うわけではありませんが、もし家屋内の天井裏や屋根裏にハクビシンが住み着いてしまった場合、 早めに相談が必要です。 ハクビシンが家屋内に侵入してしまったり、農作物に被害があるならば早めの相談、 被害が酷い場合は害獣駆除としてハクビシンを駆除してもらいましょう。