ハクビシン駆除の情報収集ならおまかせ!|ハクビシン駆除ナビ|ハクビシンなのか見分けがつかないときの注目点

フリーダイヤル0120-021-072

最新情報・レポート

ハクビシン駆除:15800円〜&日本全国受付対応|ハクビシン110番の最新情報・レポート記事ページです

ハクビシンなのか見分けがつかないときの注目点

ハクビシンは、元々日本にはいなかったと言われている害獣です。飼い猫と同じくらいの体の大きさを持ち、敏捷で食欲旺盛。近年は都内の住宅街でも目撃されることがあるなど、環境適応能力も比較的高い動物だと言われています。
もし、ハクビシンを見かけたり、お家の屋根裏などに営巣されていて害獣駆除をご希望される場合は、当サイトの相談窓口にお気軽にお問い合わせください。

ただ、ハクビシンという動物が、どんなものか知らないと依頼が出来ない、という方もいるかもしれませんので、ここではハクビシンの特徴的な点についてご紹介します。お電話の際の参考にしていただければ幸いです。

■特徴
・鼻筋から頭に伸びる白い筋・・・ハクビシンは台湾では「白鼻芯」と表記されるくらいで、外見上の大きな特徴になっています。
・前足と後ろ足は短い・・・アライグマなどと比べると、白鼻芯の前足と後ろ足は短いです。
・足跡は5本指・・・お庭などに足跡が残っている場合、丸っこい前足と細長い後ろ足となっていたらハクビシンによるものかもしれません。
・尻尾が長い・・・頭から胴体の長さと、お尻から尻尾の先端までの長さは同じくらいあるものが多いです。
・運動能力が高い・・・民家の塀の上だけでなく、電柱の上でも歩いて行く程です
・木の上に居る・・・ハクビシンは木登りが得意な動物です。