ハクビシン駆除の情報収集ならおまかせ!|ハクビシン駆除ナビ|ハクビシンによる大きな2次被害

フリーダイヤル0120-021-072

最新情報・レポート

ハクビシン駆除:15800円〜&日本全国受付対応|ハクビシン110番の最新情報・レポート記事ページです

ハクビシンによる大きな2次被害

ハクビシンによる被害は増えてきています。 屋根裏や軒下に巣を作り、騒音による被害や糞尿による悪臭被害、さらにノミダニによる健康被害と被害は多くあります。 そしてハクビシンで警戒する必要がある被害に、ダニ被害があります。 「ヒセンダニ」というダニをご存知でしょうか。「疥癬」(かいせん)という病気を引き起こすとても小さなダニで、ひとの皮膚の浅い所に潜り込み、皮膚を食い進みながら、糞や産卵を行い、10~14日で一生を終えていくダニです。 で疥癬には強いかゆみと皮膚に「疥癬トンネル」と呼ばれる皮膚下の空洞を残すといいます。おもに手首や指などに多く見られるようですが、体全体に広がっていくといいます。感染数によって症状や病名が変わり、人から人への感染力も高まるようです。 そのように恐ろしいダニなのですが、ハクビシンのヒセンダニのキャリア数は80%と言われています。 ハクビシンが営巣したから感染する、というわけではありませんが注意は必要といえるでしょう。さらにハクビシンは臆病な性質ですが、野生の生き物です。追い付けられたとき反撃に出ないとは限りません。爪や牙には多くのばい菌や病原菌が潜んでいます。そうして襲われて、大変な目に合ってしまうことも考えられます。もし家に営巣された場合は、害獣駆除を行えるハクビシン駆除のプロに依頼しましょう。