ハクビシン駆除の情報収集ならおまかせ!|ハクビシン駆除ナビ|ハクビシンの生態や分布など。

フリーダイヤル0120-021-072

最新情報・レポート

ハクビシン駆除:15800円〜&日本全国受付対応|ハクビシン110番の最新情報・レポート記事ページです

ハクビシンの生態や分布など。

ハクビシンはパキスタンやインド、ネパール、中国、台湾、ミャンマー、タイなどに広く分布しているジャウネコ科の動物です。身体の大きさは年齢によって差があり、体つきは胴が長くて四肢が短く、尾がかなり長いという体つきをしています。 ハクビシンは日本に生息する唯一のジャウネコ科の動物であるため、外来種ではないかと言われています。しかし、古典にハクビシンの毛皮が出てきたり、古来からその存在は認められていたため、渡ってきた時期は定かではありません。 針葉樹林や広葉樹林など、木の種類によらず多様な森林地帯に生息しています。現在では、森林開発によって生息地は減少していますが、環境に適応する能力が非常に長けているので、都市によく出没するようになり、人が住んでいる家に住み着くケースが多くなりました。もともと適応力が高く、広く分布している生き物なので、絶滅の心配はありません。四肢に5本指があるので、木登りが得意で、住宅の屋根裏などに軽々と登って住み着くことも可能です。 昭和20年台頃には、福島や静岡、山梨、四国など、散在していましたが、分布を拡大し、現在は北海道から九州まで、ほぼ全国で生息が確認されています。ハクビシンは果実類を好むため、みかんや桃、などの農作物に被害がでるため、庭に果実のなる木がある家がよく被害に合うようです。 もし、ハクビシンによる被害がありましたら、「ハクビシン110番」までご連絡ください。ハクビシン駆除のプロがしっかりとご対応いたします。