ハクビシン駆除の情報収集ならおまかせ!|ハクビシン駆除ナビ|ハクビシンの生態

フリーダイヤル0120-021-072

最新情報・レポート

ハクビシン駆除:15800円〜&日本全国受付対応|ハクビシン110番の最新情報・レポート記事ページです

ハクビシンの生態

ハクビシンは日本において近年増加してきた害獣の一種です。このハクビシンの被害は年々増加しており、農林水産省の統計データによれば、ハクビシンによる農作物の被害総額はアライグマやタヌキを平成18年に抜いており、外来種としては異例の繁殖を見せています。このハクビシンの全長は1メートル前後になり、台湾の名前「白鼻芯」の通りハクビシンの名前の由来は鼻先から額までの白い模様から由来しています。この一見イタチのような見た目の害獣の好物は果実になり、果樹や壁などを垂直に飛び上がったり、枝や電線を渡ることができるほどの運動能力を有しています。ハクビシンは果樹や農作物などを襲うだけではなく、住居に住み着いてしまうことが近年問題になっています。垂直に壁を登ったり、電線を伝って侵入するなど住居への侵入能力が高いハクビシンは臭線という臭いを発生させる器官を持っており、マーキングやスプレー行為などを住居に行うことによって住居の天井や壁に臭いを発生させることがあるからです。この臭いの被害や糞害もハクビシンが近年増加するにつれて問題になっており、雑食のために攻撃性も高いので噛み傷から感染症の原因になることもあります。しかしハクビシンは特定外来生物として環境省に認められておらず、駆除を行う際にも狩猟免許が必要になるケースが多くなります。当サイトではこのように駆除が難しいハクビシンの相談に乗ることができますので、困ったらぜひご相談ください。