ハクビシン駆除の情報収集ならおまかせ!|ハクビシン駆除ナビ|ハクビシンの被害に遭わないための対策

フリーダイヤル0120-021-072

最新情報・レポート

ハクビシン駆除:15800円〜&日本全国受付対応|ハクビシン110番の最新情報・レポート記事ページです

ハクビシンの被害に遭わないための対策

近年ハクビシンという野生動物が多く目撃されるようになってきました。そんなハクビシンは私たちの家に侵入し、そこを自分たちの住処にしてしまう害獣の一種です。巣を作られてしまえば、断熱材が食い破られることや、糞や尿により天井や床が腐ってしまう被害を受けます。

 

その被害は家屋に対してだけなく、人に対しても健康被害を与えることもあります。ハクビシンの被害を防ぐ対策をしておかなければ、多くの問題に悩むことになるでしょう。今回はハクビシンに関する基本的な情報や特徴を紹介するとともに、ハクビシンによる被害を防ぐ対策法や、駆除に関する問題について説明していきます。

 

 

目次

ハクビシンの基本情報

ハクビシンによる被害は甚大

ハクビシン対策は追い出しと侵入防止

捕獲するときは許可が必要

まとめ

 

 

ハクビシンの基本情報

ハクビシンとは、ネコ目ジャコウネコ科の野生動物です。漢字では白鼻芯と書かれ、見た目もその漢字の通り、額から鼻にかけて白い線が入っています。体長は50~70cmほどあり、ネコのような体つきをしているのも特徴です。ハクビシンは日本全国で生息しており、現在では首都圏の住宅街にも現れるようになりました。

 

ハクビシンは木に登ることを得意としているため、電柱や電線のうえを歩いている姿が目撃されています。そして、屋外だけではなく民家の屋根裏に侵入し、そこを自分の寝床にします。細い隙間から侵入することができるので、どこからでも侵入してくるのが厄介なポイントです。食性は雑食なため、野菜や果物、ねずみ、カエルなどいろいろなものを食べます。

 

 

 

ハクビシンによる被害は甚大

ハクビシンによる被害情報は数多くあります。主に屋根裏、床下、物置などに巣を作ってしまうことが多く、屋根裏にある断熱材が食い破られる被害も報告されています。そして、ハクビシンはその断熱材をベッドやトイレとして利用している事例も報告されています。習性として同じところに排泄を行うことが多いので、その部分の天井や床が腐り、落ちてくることもあるそうです。

 

他にも、人体への健康被害もみられます。野生動物のハクビシンはノミやダニを持っているため、屋根裏に侵入されるだけでもノミやダニが繁殖し、人体に被害を与えるのです。ノミやダニは人間の血を吸うために室内に拡散していき、徐々に繁殖していきます。そして、このダニの死骸や糞は、アレルゲンになることもあるので、さまざまな健康被害の原因になります。

 

 

ハクビシン対策は追い出しと侵入防止

ハクビシンの被害を受けないためには侵入を防ぐことが第一の対策方法ですが、そのほかにもいくつかの対策を施すことでハクビシンの被害を防ぐことができます。

 

・エサ場を作らせない

ハクビシンが住み着かないためにはエサ場を作らないことが重要です。ハクビシンは雑食なためなんでも食べてしまいます。そのためゴミを自宅付近に放置していると、そのゴミがハクビシンのエサになります。対策としては、ゴミを放置しないで、缶ジュースなどの容器も洗浄したあとに捨てることなどがあります。

 

・寝床を作らせない

ハクビシンに寝床を作らせてしまうということは、生活する場所を与えてしまうということです。ハクビシンは小さな穴さえあれば侵入してきてしまうので、壁や換気口などの穴を塞ぎ侵入を防ぎましょう。住み着きそうな天井や、倉庫などの見回りを定期的に行うことにより巣を作ることを未然に防ぐことも可能になります。

 

・侵入経路を失くす

寝床やエサ場への経路をきれいにすることでハクビシンは警戒して近づかなくなります。そのため草刈りや、落ち葉の掃除が有効になり、対策にもなるのです。

 

他にも、ハクビシンの移動手段には高いところを伝うという特徴があるため、ハクビシンが移動に使いそうな枝や木の枝を剪定しておくことも侵入を防ぐためには効果的です。またハクビシンは畑にある用水路や川の周辺をよく通ります。同じ場所を通るという習性もあるためそこに獣道ができあがり、ハクビシンのよく通る道を見つけることがあります。

 

このような対策をしても侵入を許してしまった場合は、いくつかの方法で追い出すことが可能です。ハクビシンが住んでいる場所が分かれば、そこに燻煙剤をたき、煙を蔓延させるといった方法があります。

 

他の手段としては、ハッカ油や酢液などの嗅覚忌避剤を散布することでハクビシンを追い出す方法もあります。この方法を実践するときは、侵入口から遠い場所に忌避剤を設置しましょう。遠い場所に置いておくことで、ニオイのない場所を目指し自然と外に逃げていきます。

 

このようなことを続けていくことで、ハクビシンはその場所に対して嫌な思いが残り、危険だと認識すると近づかなくなっていきます。ハクビシンの対策方法を理解しておくことでハクビシンの侵入を防ぎ、被害を防ぐことが可能になってきます。

 

 

捕獲するときは許可が必要

ハクビシンの被害に悩まされるからといって、ハクビシンを無断で捕獲することはできません。日本には鳥獣保護法という保護及び狩猟の適正化に関する法律が定められています。その中でハクジシンへ危害を加えることは違法となっています。しかし、ハクビシンのような生活に被害を与えるものに対しては、県や市の許可を得ることで捕獲することが可能です。

 

もし捕獲を行うときは、保健所や都道府県庁、市役所などに申請を行わなければいけません。既定の書類の提出などをおこない、申請が通れば2~4週間後に捕獲が可能になります。しかし、申請が通ればだれでも捕獲できるというわけではなく、狩猟免許という免許を取らなければいけません。

 

そのためハクビシンを捕獲しようと考えている人は、ハクビシンの駆除を行っているプロの業者に依頼することが、トラブルを防ぎながら安全に駆除できるのでおすすめです。業者に任せる際は、事前に許可や資格を持っているかをしっかりと確認しておきましょう。

 

 

まとめ

ハクビシンは家屋に浸入し私たちの生活だけでなく、健康にも大きな被害を与える害獣の一種です。しかし、侵入経路の防ぐことや生活がしにくい環境を作ることで被害を防ぎ、ハクビシンを追い出すこともが可能になります。それでもハクビシンに対して手を焼いている方は駆除をおこないましょう。

 

許可の申請や、狩猟免許を持っていない方は業者に依頼し、トラブルに巻き込まれないように気を付けながら安全な駆除を行いましょう。正しい知識をつけ、日頃からハクビシン対策をしておくことで未然に防ぐことができるため、まずはハクビシンの侵入を防ぐ対策を心がけるようにしましょう。