ハクビシン駆除の情報収集ならおまかせ!|ハクビシン駆除ナビ|ハクビシンは飼えるのか

フリーダイヤル0120-021-072

最新情報・レポート

ハクビシン駆除:15800円〜&日本全国受付対応|ハクビシン110番の最新情報・レポート記事ページです

ハクビシンは飼えるのか

ハクビシン(白鼻芯)はその名の通り、鼻筋の白いラインが特徴の動物です。猫と同じくらいのサイズで見た目はかわいらしい動物です。しかしこのハクビシンは、近年では害獣駆除の代表格として取りざたされることが多いです。ハクビシンは鳥獣保護法により保護されているため、私たちが勝手に駆除することもできません。それならば、いっそハクビシンと共存できないか……そう考えた人はいないでしょうか。
結論から言うと、ハクビシンをペットとして飼うことは難しいでしょう。まず、野生のハクビシンを捕まえて飼うためには、役所への申請が必要になります。しかし、この申請が通るのはかなり難しいようです。ペットショップとしても、害獣として認知されているハクビシンを仕入れる店舗は少ないでしょう。様々な困難を経てようやく家に迎え入れたとしても、その飼育は楽ではありません。赤ちゃんの頃から育てたならまだしも、なかなか人間にはなつきにくいようです。犬や猫と同じ感覚で躾するのは難しいでしょう。また夜行性なので、その騒音も無視できないものになりかねません。
諸説ありますが、日本のハクビシンは人間に連れてこられた外来種と言われています。人の都合で連れてこられ、現在は害獣として駆除されるハクビシンにも、同情の余地はあります。だからこそ、ハクビシンが住み着いてしまった場合は、その駆除のノウハウを持ったハクビシン駆除のプロに依頼することをお勧めします。力づくで駆除を行えば、双方にとって良くない結果になるのですから。