ハクビシン駆除の情報収集ならおまかせ!|ハクビシン駆除ナビ|ハクビシンを駆除していいのか?

フリーダイヤル0120-021-072

最新情報・レポート

ハクビシン駆除:15800円〜&日本全国受付対応|ハクビシン110番の最新情報・レポート記事ページです

ハクビシンを駆除していいのか?

ハクビシンは、屋根裏害獣としても有名な動物です。ハクビシンは運動能力が高いため、高い場所にも簡単に侵入できるのです。夜行性のため夜になると騒音を起こしますし、雑食のため農作物を食い荒らします。その上糞尿を撒き散らし、それが雑菌や害虫の温床になってしまいますので、速やかに駆除する必要があります。しかし、いかに害獣として有名であったとしても、即座に駆除を行えないというのが現状です。
ハクビシンは、鳥獣保護法によって保護対象とされています。そのため、勝手に殺したり捕獲したりする事はできません。駆除を行う場合には、事前に自治体へ被害を報告し、その許可を受けなければいけません。その駆除も、実際に被害をもたらしている個体のみに限られます。もしもハクビシンが保護対象となっておらず、さらに特定外来生物に指定されていれば自由に駆除する事もできるでしょう。しかしハクビシンは在来種なのか外来種なのかハッキリしていないものの、現在は特定外来生物に指定されていません。その駆除は、手続きの面でも厄介なのです。
このような面倒ごとを解決してくれるのが害獣駆除業者です。効果的な駆除を行ってくれるのはもちろん、駆除に必要な手続きも代行してくれます。被害が広がってしまう前に、なるべく早く彼らの力を借りるべきでしょう。