ハクビシン駆除の情報収集ならおまかせ!|ハクビシン駆除ナビ|ハクビシンを駆除していいのか

フリーダイヤル0120-021-072

最新情報・レポート

ハクビシン駆除:15800円〜&日本全国受付対応|ハクビシン110番の最新情報・レポート記事ページです

ハクビシンを駆除していいのか

今では害獣としてのイメージが強くなってしまったハクビシン。そんなハクビシンは中国大陸南部を中心に、日本を含む広範囲に生息しています。ハクビシンな在来種か外来種か長らくはっきりしていませんでしたが、現在は明治時代に輸入されたという説が有力とされています。しかし詳細な移入時期についてははっきりしておらず、そのためハクビシンは「特定外来生物」には指定されていないのです。同様な被害をもたらす害獣としてアライグマも挙げられますが、こちらは特定外来生物に指定されています。 それでは、もしもハクビシンが特定外来生物に指定されていたらどうなっていたのでしょうか。特定外来生物とは海外を起源とする生物であって、生態系や人間の生活に悪影響を与えるものが指定されます。そのため特定外来生物には様々な規制が定められており、輸入・飼育・運搬・引渡し等、自由には行えないようになっています。不可能ではありませんが、事前に許可を得なければいけません。 そのような観点から、特定外来生物は一般の方でも自由に駆除を行うことが可能です。あらかじめ防除の許可を取れば、生きたままの保管や運搬も可能になります。しかし、ハクビシンは体にノミなどの害虫や病原菌を有していることもあります。また、人間に襲いかかるケースもあり、そこから感染してしまうという危険もあります。仮に自由な駆除が許されていたとしても、経験の無い方が立ち向かうのはお勧めいたしません。ハクビシンの被害にお悩みでしたら、無理をせずにハクビシン駆除のプロにお問い合わせください。