ハクビシン駆除の情報収集ならおまかせ!|ハクビシン駆除ナビ|ハクビシンを駆除できるタイミング

フリーダイヤル0120-021-072

最新情報・レポート

ハクビシン駆除:15800円〜&日本全国受付対応|ハクビシン110番の最新情報・レポート記事ページです

ハクビシンを駆除できるタイミング

害獣と知られている動物のなかには、アライグマのように元から日本に生息する在来種の存在を脅かす「特定外来生物」と認定された動物がいます。特定外来生物に認定された動物は、駆除計画が国の認定を受けることで、自治体や住民など、誰でも駆除・捕獲ができるのです。しかし、ハクビシンに関してはその限りではありません。ハクビシンは外来生物と言われていますが、ハッキリとした根拠がなく、何時から日本に生息していたのかわかっていません。外来生物法の基準では「明治以降に移入された」ということが確定されなければなりませんが、江戸時代の蒔絵にハクビシンによく似た動物が描かれていたこともあり、明治以前に生息していた可能性があるのです。そのため、法的には駆除対象都内っていないのです。つまり、ハクビシンを見かけただけでは駆除することができず、実害を受けることで初めて駆除することができます。しかし、ハクビシンのもたらす被害は軽いものではありません。農作物が荒らされるだけでなく、住宅に住み着かれた場合、大量の糞により、天井が抜けてしまうこともあるのです。これらのことを考えると、見つけた段階で駆除したいものですが、実害がない限りは「有害鳥獣」として駆除の対象にならないのです。また、駆除に関しては、自治体の許可が必要になるのです。ハクビシンは限りなく駆除対象に近いグレーゾーンな害獣なのです。少しでも被害を受けた際にはいち早く害獣駆除の業者に依頼をしましょう。