ハクビシン駆除の情報収集ならおまかせ!|ハクビシン駆除ナビ|ハクビシン駆除はハクビシン駆除のプロに相談を

フリーダイヤル0120-021-072

最新情報・レポート

ハクビシン駆除:15800円〜&日本全国受付対応|ハクビシン110番の最新情報・レポート記事ページです

ハクビシン駆除はハクビシン駆除のプロに相談を

野生の哺乳類は鳥獣保護法という法律により、無許可の捕獲や殺傷は禁じられています。何かしらの害を人間に与えた場合にはじめて有害駆除が認められますが、これをするにも都道府県の許可は必要不可欠となります。ハクビシンが電線を歩いていたり道路を歩いていたというだけでは何の害も発生していないので、駆除の必要はないと言えます。具体的な害の例としたしましては、家屋内侵入と農業被害があげられます。ハクビシンが民家の中に入り込み、天井裏や屋根裏を巣にすることがあります。一度ねぐらにされてしまうと、夜中にハクビシンが天井裏や屋根裏を走り回ったり、天井糞や尿などをして悪臭を発生させます。このような場合は明らかにハクビシンが害を与えたと言えますので、駆除の対象として認められます。駆除が決まった場合はあくまでも殺すことはせずに、侵入を防ぐことをお勧めします。家の中にいるハクビシンを一頭殺したとしても、他のハクビシンがいつかまたやってきてまたねぐらにされてしまいます。そのため、侵入対策を最優先で行う方がより効果的であると言えるでしょう。家屋内浸入の場合は穴や隙間を塞ぐことが有効的な対策となります。ハクビシンの対策を立てることは個人では難しいと思います。まずはハクビシン駆除のプロに依頼されることをお勧めいたします。