ハクビシン駆除の情報収集ならおまかせ!|ハクビシン駆除ナビ|狩猟免許が必要になります

フリーダイヤル0120-021-072

最新情報・レポート

ハクビシン駆除:15800円〜&日本全国受付対応|ハクビシン110番の最新情報・レポート記事ページです

狩猟免許が必要になります

害獣駆除において厄介なのは、誰でも害獣を駆除できるわけではないという点です。もしも害獣被害に遭っている場合、その動物が鳥獣保護法などによって保護されているものであれば、勝手に捕獲したり殺傷したりすることはできません。そのため、各自治体に申請する事になります。そうして審査を受け、無事に許可が下りたとしても、まだ駆除はできません。というのも、実際に作業を行うためには「狩猟免許」が必要になるからです。
狩猟免許を取るためには、各都道府県知事が実施する試験に合格しなければいけません。さらに狩猟免許の中でも、網猟免許・わな猟免許・第一種猟銃免許・第二種猟銃免許の四種類があります。それぞれの免許によって使用できる猟具は異なり、その猟法についても鳥獣の保護と安全の観点から細かいルールがいくつも定められています。
誤解される事もありますが、害獣駆除の際に行われる「許可捕獲」と「狩猟」とには大きな違いがあります。許可捕獲はあくまで被害防止が目的であり、危険な猟法でなければ害獣駆除の方法は問われません。また、その作業は申請が通れば年中いつでも可能です。しかし狩猟では、特に捕獲の目的は問われません。しかし狩猟対象や期間、方法は厳しく定められています。
害獣駆除では侵入を防止したり、家の中から追い出したりといった方法も採られますが、時には捕獲を行う事もあります。害獣駆除をご依頼される際は、この狩猟免許を持っている業者にご依頼ください。