ハクビシン駆除の情報収集ならおまかせ!|ハクビシン駆除ナビ|電気柵の設置方法に注意

フリーダイヤル0120-021-072

最新情報・レポート

ハクビシン駆除:15800円〜&日本全国受付対応|ハクビシン110番の最新情報・レポート記事ページです

電気柵の設置方法に注意

ハクビシンに限った事ではありませんが、害獣被害を防ぐためには害獣の侵入を防ぐという方法が効果的です。家の中への侵入を防ぐためには、侵入口となる隙間を金網やパテなどで塞ぐという対策を取ることができます。しかしハクビシンの場合、農作物に被疑を及ぼす事があります。開かれた場所である農地を守るために、フェンスを設置するという方法があります。しかしハクビシンはジャンプしたりよじ登ったりする事でフェンスを楽に越える事もできます。フェンスで効果が得られない場合には、電気柵を設置するという方法が有効です。
電気柵に触れますと、電線から動物の体に電気が流れ、軽いショックを与えることができます。大型の害獣に対しても有効な電気柵ですが、設置する際は以下の点にもご注意ください。そうしなければ、充分に効果が得られないことがあります。
・通電しにくい場所に設置しない
もしも地面がコンクリートやアスファルトですと、動物の体から地面に電気が流れず、ショックを与えることができません。そのような地面からは離して設置しますが、それができない場合には電気を流しやすいものを敷いておくと良いでしょう。
・傾斜地から離す
運動能力の高い動物なら、電気柵を飛び越えてしまいます。飛び越えられないように、斜面からは離しておきましょう。
・電気柵周辺の草を刈る
もしも雑草などが電線に触れていますと、そこから電気が流れてしまい、動物への効果が弱まってしまいます。また、雑草が生い茂っていますと動物の隠れ家になってしまいます。小まめに雑草などを刈らなければいけません。

電気柵を設置する際は、安全面だけでなく効果的な設置を心がけなければいけません。何にしても大掛かりな害獣対策となりますので、設置をお考えでしたら、まずは害獣駆除のプロにご相談されてはいかがでしょうか。