ハクビシン駆除の情報収集ならおまかせ!|ハクビシン駆除ナビ|鳥獣保護法に守られている生物です

フリーダイヤル0120-021-072

最新情報・レポート

ハクビシン駆除:15800円〜&日本全国受付対応|ハクビシン110番の最新情報・レポート記事ページです

鳥獣保護法に守られている生物です

害獣駆除などの動物の対策をする上で気を付けなければならない法律があります。日本で生活を送る上では「鳥獣保護法」とよばれる「鳥獣の保護及び管理並びに狩猟の適正化に関する法律」を順守しなければなりません。絶滅に瀕している生物や自然環境の保全を目的とした、この法律の範囲を守って害獣駆除対策を行う必要があります。日本独自の生態系の範囲に指定されている動物として、トキやニホンアシカなどの狩猟やペットとしての購買を禁じています。この法律の対象として生態系を脅かす生物に関しては対象外とされていることが多く、イタチなどはこの対象外となっているため害獣駆除目的として狩猟が可能になります。さてこの鳥獣保護法とハクビシンの関係についてなのですが、ハクビシンは鳥獣保護法に守られている範囲内の生物になります。もちろん鳥獣保護法の適応範囲内の生物でも特例で、「特定外来生物」と呼ばれる人体や農林水産業に被害を与えると認定された生物についてはある程度自由に対策をすることができますが、この法律の外来生物の定義として「明治以降に移入した動植物」とされており、ハクビシンは外来生物として明治時代前後に中国から持ち込まれたという説が有力であるとされています。つまり「鳥獣保護法」の範囲内のハクビシンは、「特定外来生物」の定義である「明治以降に移入した動植物」という確証がないため、「特定外来生物」として認められておらず、生活を脅かす生物だとしても「鳥獣保護法」の保護範囲内にいる生物になります。このハクビシン、日本に生息する唯一のジャコウネコ科だけあって逃げ足が素早い生物だといえるでしょう。この「鳥獣保護法」に守られているハクビシンは市町村に許可なく捕獲や駆除を行うことができませんので、見かけたり被害に遭った場合はハクビシン駆除のプロに依頼をすることが重要といえるでしょう。ハクビシン駆除のプロはこの市町村への許可届け出の知識や経験がありますので、当サイトを使ってハクビシン駆除のプロを探してみてはいかがでしょうか。