ハクビシン駆除の情報収集ならおまかせ!|ハクビシン駆除ナビ|ハクビシンの声ってどんな音なの?見かけたときの対処法とは?

フリーダイヤル0120-021-072

最新情報・レポート

ハクビシン駆除:15800円〜&日本全国受付対応|ハクビシン110番の最新情報・レポート記事ページです

ハクビシンの声ってどんな音なの?見かけたときの対処法とは?

ハクビシンの声ってどんな音なの?見かけたときの対処法とは?

ハクビシンとは日本に生息する哺乳類の動物です。近年日本ではハクビシンによる被害が拡大しており、害獣として扱われています。そのため、駆除を専門とする業者も増えています。数が増加していますが、見たことある人はあまりいないかもしれません。

鳴き声だけなら聞いたことがある人もいるかもしれませんが、声を聞いてハクビシンと判断できるかどうか、と言われるとむずかしい部分があるでしょう。

今回はハクビシンの声を中心に、ハクビシン被害についての対処法もあわせてお話します。

ネコのような鳴き声の正体はハクビシンかも?

ここではハクビシンの生態から、鳴き声について説明します。

そもそもハクビシンってどんな生き物?

ハクビシンは日本の広範囲にわたって、目撃されています。ハクビシンは漢字で「白鼻芯」と書き、名前のとおり額から鼻にかけて白い線があることがいちばんの特徴でしょう。ジャコウネコ科に分類され、姿はネコにも似ています。しっぽは細長く、体毛は柔らかく長いです。

海外では食肉として食べられることもあり、毛も毛筆として利用されます。食事は雑食で木の実やフルーツ、野菜を好みます。足の指が5本なので、同じく害獣扱いの4本指のタヌキと足跡で区別がつきます。タヌキより細めの体系なので、害獣として比べるのならイタチのほうが姿は似ているかもしれません。

どんなときに鳴くのか?

ハクビシンは威嚇や喧嘩、繁殖のときに鳴き声をあげると言われています。声としてはネコに似ていますが音量はかなり大きめです。うなり声もあげますが、これはネコのようなかわいさとは違い、うなり声だけ聞くと大型動物のようなイメージです。

自分の縄張りに侵入者が現れたときや仲間同士の喧嘩、繁殖のときなど、興奮しているときに鳴き声をあげます。子供のハクビシンもけっこうな音量で鳴きます。

ハクビシンの声による被害とは?

ハクビシンの鳴き声はかなりうるさく騒音です。夜行性のため、人間が寝静まったころに騒ぎ出します。群れで行動をするためもし天井裏に住み着いている状態なら、1匹ではない可能性が高いです。そうなると何匹かで合唱ということになります。

子供のハクビシンはまた高音で鳴くため、耳障りな鳴き声となるでしょう。

毎晩、このような鳴き声を聞かされていては安眠妨害でストレスも溜まり健康に影響がでてくるかもしれません。

声だけでない?ハクビシンの被害とは?

声だけでない?ハクビシンの被害とは?

ハクビシンの迷惑な被害は声だけではありません。住宅損害や人体への影響も危惧されます。

フンなどが住宅に及ぼす被害

天井裏に住み着いたハクビシンはフン尿の被害でも人々に影響を与えます。決まった場所をトイレとするため、重みで天井が抜けることもあります。天井のシミにもなりますし、ひどいと尿がしたたり落ちてくる例も報告されています。またそこまでフン尿をされては屋根材を腐らせ工事を必要とする大被害も考えられます。

人体に及ぼす被害

ハクビシンのフン尿被害について上記でお話しましたが、フン尿は悪臭の原因でもあり、そこから菌が繁殖するとどんな病原菌となるかわかりません。ハクビシンは外からやってくるので、体にはダニやノミをつけてきます。そのまま人間の住む住居へ出入りすることがどのようなことか、安易に想像がつきます。

ダニやノミが家の中に入り込めば、刺される可能性も高くなりますし、感染症の元となる菌を媒介していることもあります。

ハクビシンの声に対する対処法とは?

ハクビシンの声に対する対処法とは?

ここまでハクビシンによる被害についてお話してきました。ハクビシンの被害でこまったときはどのような対処をしたら良いのか解説していきます。

自分でできる対処法

ハクビシン被害でこまったら捕獲を考えるかもしれません。しかしそれは待ってください。じつはハクビシンは捕獲ができないのです。「鳥獣保護法」という法律で守られており、素人がむやみに捕獲をすると処罰の対象となることもあります。

それでも何もしないわけにはいきません。素人でもできる対処法を説明いたします。

① 出入りできないようにする

侵入口を特定し、出入りができないよう金網でふさいでしまいましょう。このときハクビシンがまだ家の中にいる状態でふさいでしまうと、中で死んでしまい死骸となってまた不衛生状態になります。外にでていることを確認してからおこなってください。

② 忌避剤を使用する

ハクビシンが嫌いなニオイがするシートやジェルが売られています。例えば、天敵となるオオカミの尿のニオイがするものがあります。また煙のニオイも苦手なので、線香を焚くという方法もあります。

③ エサの撤去

ハクビシンはエサ場の近くを住処とします。エサ場がなくなれば自然と引っ越す可能性がでてきます。キッチンの食べ物は片付け、生ゴミはしっかり処理をしておきましょう。庭で野菜などを育てている場合は、ネットを張るなどしてハクビシンに食べられないようにしてください。

④ 音や光で威嚇

録音しておいた大きな音を聞かせてみたり、夜行性のため明るい光が苦手のため強いフラッシュを当てることも効果があるようです。利用する際は近隣の方への配慮が必要になります。

⑤ ワナをしかける

箱ワナなどありますが、もし仕掛ける場合は申請をだしてください。地域によっては自治体が協力してくれることもあります。さきほどもお話しましたがハクビシンの無許可の捕獲は法律違反となります。そうならないように事前に許可を取るなどしてください。

こまったときは、プロに依頼しよう!

ハクビシンの捕獲や駆除はとても大変です。頭が良く、ナワバリ意識も強いため簡単に駆除ができるかはわかりません。また鳥獣保護法もあるため、素人では駆除対策でできることの限界があります。自分でも試してみたができなかった、数が多すぎて手に負えない、ハクビシンがこわい、天井裏に上れない、など不安に思うことがひとつでもあれば無理をせずプロの業者に頼むことも必要です。

プロは知識と経験があるため、素早い対応でハクビシンを追い出してくれます。また二度と来ないように対策もしてくれるでしょう。被害にあった場所の清掃や消毒もおこなってもらえばなお安心です。

まとめ

今回はハクビシンの被害のひとつである声を中心に、その他の被害例や対処法をお伝えしました。ハクビシンは見た目こそフェレットに似た感覚で、かわいく思うかたもいるようです。しかし「害獣」と区分されるにはそれなりの理由があるのです。家の近くで見かけたら警戒してください。声を聞いたら近くにいる証拠です。大切なご自宅が住処になっている可能性も疑ってください。

ハクビシンを寄せ付けないことが良いのですが、うっかり気に入られてしまったら一刻も早い追い出しの対処が重要です。ハクビシンが長く住めば住むほど被害は拡大し、駆除も大掛かりになります。被害が大きくなり料金が上がってしまう前に、害獣駆除のプロに相談するといいでしょう。