ハクビシン駆除の情報収集ならおまかせ!|ハクビシン駆除ナビ|ハクビシンの侵入口を把握して、被害を最小限にとどめよう!

フリーダイヤル0120-021-072

最新情報・レポート

ハクビシン駆除:15800円〜&日本全国受付対応|ハクビシン110番の最新情報・レポート記事ページです

ハクビシンの侵入口を把握して、被害を最小限にとどめよう!

 ハクビシンの侵入口を把握して、被害を最小限にとどめよう!

 

ハクビシンは外壁やわずかな隙間、排水管などのさまざまな場所から侵入してくる特徴がある動物です。隙間以外にも、脆くなっている外壁などに穴をこじ開けて、ハクビシンの侵入口にしてくることもあります。ハクビシンがいろいろな場所から侵入してくるのを防ぐためには、どのような対策をとればよいのでしょうか?

 

今回は、そんなハクビシンの詳しい侵入経路と侵入を防ぐ手段をご紹介したいと思います。ハクビシンの侵入にお困りの人、これを見て対策手段を身につけましょう!

 

 

ハクビシンの侵入口はどこ?3センチ程度の隙間でも侵入可能

ハクビシンはその高い身体能力とバランス感覚から、さまざまな場所を使って侵入してきます。一体どのような場所から侵入してくるのでしょうか?そして、どのようにすればその侵入を未然に防ぐことができるのでしょうか?

 

家のわずかな隙間を見逃さないで!

なんと3cm程度の隙間でもハクビシンの侵入口になります。外壁や家のわずかな隙間や、排水管、通気口、雨どいなど、ちょっとした隙間があればスルスルと入ってきてしまうのです。

 

そしてそうした場所から入りこんだハクビシンがそのままそこへ住み着いてしまいます。ハクビシンのものと思われる被害が発生している場合は、まずは侵入口となりそうな隙間があるかを探してみましょう。

 

穴をこじ開けたり、木つたって侵入することも…

ハクビシンは、外壁やトタン、瓦などが崩れかけていたり、脆くなっていたりする部分を見つけると、その部分を破壊して穴をこじ開けて侵入口にしてしまう場合もあります。

 

また、ハクビシンはバランス感覚が優れているという特徴があり、木や電柱を上り、電線などをつたって高所から侵入してくることもあります。

 

侵入口は徹底的に遮断しよう

ハクビシンの侵入を防ぐために、侵入口になりそうな隙間や、崩れかけている外壁などをどうにかする必要があります。まず隙間は金網やアルミバンチング、木材などを使って隙間をふさぎ遮断してしまいましょう。

 

崩れかけている屋根や外壁などは、劣化している部分の補強工事をおこなうことで、侵入を未然に防ぐことができます。また、餌になりそうな作物やゴミなどがハクビシンを引き寄せてしまうので、住宅の周りに餌場を作らせないように管理することも重要です。

 

すでにハクビシンが侵入していたらどうすべき?

すでにハクビシンが侵入していたらどうすべき?

 

ハクビシンがすでに侵入してしまっていた場合は、侵入口の遮断などで予防をしても意味がありません。むしろ、ハクビシンの出口を塞いでしまう形になってしまいます。では、どのようにして侵入したハクビシンに対処する必要があるのでしょうか?

 

まずは侵入口を特定する

すでにハクビシンが侵入している場合も、まずはハクビシンの侵入口を見つけましょう。3cm程度の隙間があればハクビシンは侵入してきますので、外壁などのわずかな隙間や、排水管、換気口、雨どいなどをチェックしましょう。

 

また脆くなっている壁や屋根などを壊して侵入口にすることもありますので、そういった場所がないかもチェックしてみましょう。間違ってもハクビシンを捕まえてしまおうとは思わないでください。人に害をなすハクビシンですが、法律によって駆除の対象外に指定されています。

 

また、ハクビシンは寄生虫や雑菌などの宿主になっていることが多いです。そのため直接ハクビシンに触れるのは、寄生虫や雑菌に感染するリスクが高まるため危険です。そのためハクビシンを捕まえるのではなく追い出して、2度と入ってこないようにすることを目指しましょう。

 

侵入口から離れた場所に忌避剤を置く

まずは、侵入しているハクビシンを外に追い出す必要があります。しかし、ハクビシンを見つけて外に追いやるのは難しいですし、こちらに攻撃してくる可能性もあるため危険です。

 

そこで、ハクビシンが嫌いな匂いが出る忌避剤を侵入口から離れた場所に設置します。そうすると、匂いを嫌ってハクビシンが侵入口を通って外へ向かって逃げていきます。

 

侵入口をふさぐ

ハクビシンは外に逃げていっても、住処になっている場合はまた戻ってこようとします。そのため、また侵入されないようにまずは侵入口をふさいでしまいましょう。外壁などの隙間や、排水管、排気口などを金網やアルミバンチング、木材などで遮断し、ハクビシンが侵入できないようにします。

 

外壁や屋根に穴が壊されて穴が開いている場合は、補修工事をおこないます。侵入口として怪しいと思われる場所は徹底的にふさいでしまいましょう。侵入口を塞ぎ終わったら、そのあたりに、ハクビシンを外に追い出すのに使用した忌避剤を設置しておきましょう。ハクビシンが侵入口に近づくのを防ぐことができます。

 

より確実な対策をおこなうために

ここまで、ハクビシンを侵入させないための予防策や、侵入した場合の対処策について説明してきました。しかし、ハクビシンはこちらの予想を上回る侵入経路を使ってくることもあります。一体どのような場所から侵入してくるのでしょうか?

 

見えないところから侵入する可能性も

ハクビシンは侵入口に床下や屋根裏などの簡単に確認できない場所に侵入し、住処にしてしまうこともあります。一度住み着いてしまうと、ノミ・ダニ・雑菌などの感染症の被害が起きたり、屋根裏に住み着いていた場合は、天井が抜けたりなどの被害が起こることもあります。

 

しかし、床下や屋根裏は自分で確認するには難しい場所です。そのため、こういった場所から侵入されていた場合は、対策も難しく、不安も残ります。

 

駆除業者に依頼するのもひとつの方法

ハクビシンなどの被害の対策を個人でおこなうのは侵入経路の特定など、いろいろと難しい部分もあります。そのため安全・確実にこなすために駆除業者に依頼をおこなうのもひとつの方法です。

 

しかし、害獣駆除の業者の中には悪徳業者のようなものも存在します。そのため依頼する駆除業者が信頼できるかどうかをご自分で判断する必要があります。

 

信頼できる業者を選ぶポイント

ポイント①:狩猟免状を保持しているか

狩猟免状を持っている駆除業者は、それだけ害獣の捕獲などに精通している可能性が高いです。そのため精度の高い対策が期待できます。

 

ポイント②:都道府県の許可を得ているか

ハクビシンは法律により保護対象に指定されています。そのため駆除をおこなうには狩猟免状と都道府県の許可を用意する必要があります。そうしないと、罠を使った捕獲などがおこなえないのです。

 

ポイント③:見積り書をだしてくれるか

駆除業者の中には、見積り書もださずに作業を始めて、作業終了後にとんでもない金額を請求してくる業者も存在します。見積り書を出すのは当然のことなので、それを出さないという業者は疑ってみたほうがよいでしょう。

 

また、見積り書を出したあとも、追加料金などを取られないように総額をきちんと確認しておくことをおすすめします。

 

ポイント④:保証制度はあるか

業者にお願いする場合、保証制度があるかも確認しておくことをおすすめします。ハクビシンは駆除ではなく追い出すことしかできません。そのため、またハクビシンが戻ってきてしまうことも多いです。

 

保証期間中にハクビシンが戻ってきてしまった場合は、無料または格安で対策をしてくれるので、コスト面での安心感があります。保証期間は業者によって異なりますが、3年以上の保証をしてくれる業者を選ぶのをおすすめします。

 

まとめ

ハクビシンの侵入口についてお伝えしてきましたが、いかがだったでしょうか?

ハクビシンは法律で保護対象に指定されているため駆除ができない動物です。ですが、細菌などの被害を引き起こす危険のある害獣でもあります。

 

ハクビシンは3cmほどの狭い隙間でも侵入口にしてしまいます。また、脆くなっている壁や屋根に穴をあけて侵入することもあります。そういった箇所が見られる場合は、隙間や穴を徹底的にふさぐことをおすすめします。

 

また、もしすでにハクビシンが侵入してしまっている場合は、ハクビシンが嫌う匂いがする忌避剤を設置するなどして外にハクビシンを逃がし、そのあとに侵入口をふさいでしまいましょう。ですが、ハクビシンは床下や屋根裏に住み着くこともあり、個人で対処するのが難しく不安が残ることもあります。

 

その場合は、迷わず業者に依頼することをおすすめします。害獣駆除業者の中には悪徳業者のようなものも存在するため、信頼できる業者かどうかを、狩猟免状や都道府県の許可を得ているか、見積り書を出してくれるか、保証期間はあるのか、などのポイントに注意して、信頼できる業者を選ぶことをおすすめします。

評価はまだありません。
このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。