ハクビシン駆除の情報収集ならおまかせ!|ハクビシン駆除ナビ|ハクビシンってどんな動物?被害や対策方法も合わせてどうぞ

フリーダイヤル0120-021-072

最新情報・レポート

ハクビシン駆除:15800円〜&日本全国受付対応|ハクビシン110番の最新情報・レポート記事ページです

ハクビシンってどんな動物?被害や対策方法も合わせてどうぞ

ハクビシンってどんな動物?被害や対策方法も合わせてどうぞ   あなたはハクビシンという動物をご存知ですか?名前は聞いたことがあるけど、実際どのような動物なのかはわからないという方が多いのではないでしょうか。もしくは、現在ハクビシンの被害に悩まされていて、どうにかしたい!という方もいるかもしれませんね。 ハクビシンは、日本全国に広く生息する害獣として、人間にとっては注意しなければならない動物です。 この記事では、そんなハクビシンの生態や人間に及ぼす被害とはどんなものか、そして被害を防ぐためにすべきことを紹介していきます。  

ハクビシンの生態

まず、ハクビシンのもつ特徴についてご紹介します。  

見た目の特徴

ハクビシンは、生物学的には「ジャコウネコ科ハクビシン属」に分類されます。日本に唯一存在するジャコウネコ科の動物で、特徴的な見た目をしています。 猫のようにしなやかな体型をしていて、長い鼻筋をもち、鼻から額にかけて白いラインが入っています。ハクビシンを漢字で書くと「白鼻芯」なので、特徴を覚えやすいですね。鼻はピンク色をしており、しっぽは猫よりも太く、指の数は猫より1本多く5本指です。 メスよりもオスのほうが体は一回り大きく、体長は約50~70cmくらいです。夜行性のため、おもに夜中に活動しています。  

ハクビシンの身体能力

ハクビシンは非常に身体能力の高い動物で、電線の上を歩いたり木や電柱を軽やかに上り下りしたりすることができます。また、暗所でも視界がよく、これらの身体能力の高さから、ハクビシンを駆除するのはとても難しい作業であると言われています。 ただ、上から下など体に対して垂直方向にジャンプするのは得意ですが、横にジャンプするのは苦手です。  

繁殖の特徴

ハクビシンは繁殖のスピードがとても速い動物です。生後10カ月くらいから妊娠し、おなかに赤ちゃんがいる期間は2カ月と短く、1回で1~5頭出産します。繁殖期は特にいつと決まっておらず、通年繁殖し続けると言われています。 そのため、もしも家に住み着いた場合は、すぐに駆除をしないとどんどん数が増えていき、被害が深刻となってしまうのです。  

ハクビシンによる被害

ハクビシンによる被害   ハクビシンによる被害などを詳しく紹介していきます。  

こんな異変を感じたらハクビシンが住み着いているかも

夜中に天井や床下から、ドンドン、ガタガタとなにか動物のような足音が聞こえてくることはありませんか?ハクビシンの体長は50cmほどなので、体重も2、3kgはあります。もしもドンドンうるさくて重い感じの音が聞こえてきた場合は、ハクビシンが住み着いているかもしれません。 また、部屋の天井あたりにシミができていたり、そこから異臭のようなものがしたりする場合は要注意。ハクビシンの排泄物がたまっている可能性があります。 ハクビシンは同じ場所に何度も排泄し、一度の排尿の量がコップ1杯分にも及ぶので、放置していると室内にまでしたたり落ちてくることがあるので注意が必要です。  

ハクビシンによる被害

ハクビシンが家に住み着いたら、一体わたしたち人間にどのような被害があるのかをまとめてみました。 ・足音による騒音被害 ・排泄物による異臭 ・尿が室内にしたたり落ちてくる、排泄物の重さで天井が腐り、抜け落ちる ・ハクビシンの体に付着したダニやノミが室内に及ぶと、アトピーなどの人的被害にあう  

皮膚病の危険性

上記で、ハクビシンによる人への被害のなかにアトピーという皮膚の病気を紹介しましたが、実はハクビシン自体が皮膚病を発症していることがあります。 その皮膚病は「疥癬」と言って、ダニがハクビシンの体に寄生することによって発症します。 もし、こうした皮膚病にかかっているハクビシンに触れたり噛まれたりしてしまった場合、恐ろしい感染症にかかる危険性があります。特に、体長を崩して免疫力が低下している状態だと、より重い症状が出るので注意が必要です。  

ハクビシンの被害を受けないためには

ハクビシンの被害を受けないためには   ハクビシンによる恐ろしい被害から、自宅も自分の体もしっかり守るためには一体どうすればよいのかをお伝えします。  

日ごろ気をつけておくべきこと

  ・生ゴミの入ったゴミ袋を放置しない ハクビシンにとって放置された生ゴミは、エサが目の前にあるのと同じこと。絶対に放置しないようにしましょう。 ・自宅の屋根の近くに木があれば、ハクビシンが登れないように枝を剪定する ハクビシンは器用に木登りするため、木の枝をつたって屋根の上に登ってくる可能性があります。木がなければ問題ないですが、ある場合は剪定しておきましょう。  

対策グッズを使ってみる

  ・電気柵を設置する 最も被害防止効果が高いのがこの方法です。しかし、一般家庭向けではなくおもに農家などで利用されています。しかし、電気柵を利用する場合は鳥獣保護法についての知識が必要となり、許可なく殺傷することは禁止されています。そのため、利用するときには気をつけましょう。   ・青色のLEDライトを設置する ハクビシンのような夜行性の動物は青い光を嫌います。そのため、夜、庭に青色のLEDライトや青色ストロボを設置しておくと近寄ってこなくなるでしょう。   ・忌避剤を設置する ハクビシンは嗅覚が発達しているため、苦手な臭いのする忌避剤を設置すると効果的と言われています。しかし、強い臭いがするため、一般家庭やペットを飼っている場合は少し使いにくいのが難点です。うまく活用するとよいでしょう。  

業者に依頼してみる

すでにハクビシンが家に住み着いているかもしれないと思ったら、プロの駆除業者に依頼するのがおすすめです。 ハクビシンを駆除するには都道府県への許可申請が必要となる上、感染症などの危険性があるため自力で駆除するのはなかなか難しいと言えます。 駆除を専門とする業者であれば、ハクビシンに関する専門知識を持ち合わせていますし、都道府県への許可申請を代行してくれるところが多いので安心です。 また、業者に依頼するときは、見積りを複数の業者で比較してみましょう。そして、業者のホームページなどを通して駆除実績を参考にするとよいでしょう。どのような方法で駆除するのかなどを把握できるので安心ですね。 二度と被害に遭わないよう完璧に駆除してもらうためにも、よい業者を選ぶためにじっくり比較検討することをおすすめします。  

まとめ

ハクビシンの生態や被害、その対策方法を紹介してきましたが、いかがでしたか?ハクビシンは、放っておくとどんどん繁殖し、彼らによる被害もどんどん増していきます。 そのため、すこしでも異変に気付いたらすぐに駆除しましょう。自分で駆除するには限界があるので、業者による駆除をおすすめします。 プロであれば、しっかりと駆除してくれるでしょう。そして、よい業者を見極めるために複数の業者を比較してから依頼するとよいでしょう。
3.75/5 (4)
このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。