ハクビシン駆除の情報収集ならおまかせ!|ハクビシン駆除ナビ|ハクビシンを屋根裏から追い出す方法を伝授!今すぐ実践してみよう

フリーダイヤル0120-021-072

最新情報・レポート

ハクビシン駆除:15800円〜&日本全国受付対応|ハクビシン110番の最新情報・レポート記事ページです

ハクビシンを屋根裏から追い出す方法を伝授!今すぐ実践してみよう

ハクビシンを屋根裏から追い出す方法を伝授!今すぐ実践してみよう

 

敷地内に忍び込み、家や畑の食べ物を食い荒らす害獣ハクビシン。そのハクビシンが屋根裏に住み着いてしまうというパターンがあります。屋根裏に住み着くと、衛生的な問題や、騒音などの被害に悩まされるため、できれば早めに対処したいところですよね。

そこで今回は、屋根裏に住み着いたハクビシンをうまく追い出す方法をお伝えしたいと思います。この記事を読んで、屋根裏に住み着いたハクビシンに悩まされている現状を打破しましょう! 

 

 

ハクビシンを屋根裏から追い出す方法

まずは早速、ハクビシンを家の屋根裏から追い出す方法について説明していきます。

侵入口から離れた場所に忌避剤を設置する

ハクビシンが屋根裏にいくまでの侵入口があると思いますので、まずはそれを探します。侵入口を見つけることができたら、次にその侵入口から離れた場所にハクビシンが嫌う臭いを放つ忌避剤を設置します。これにより、ハクビシンを侵入口から外へ追い出すことができます。

ハクビシンが逃げたあとに侵入口を防ぐ

忌避剤によってハクビシンを外へと追い出すことができましたら、次にその侵入口を塞ぎましょう。逃げたハクビシンは再び、住処にした屋根裏へ侵入しようとしますので、それを防ぎます。侵入口を塞ぐには、ガムテープなどで応急処置するのもいいですが、できれば金網を設置するのが効果的です。

ハクビシンの苦手なものを置いておく

最後に、その場所にハクビシンが寄り付かないように、侵入口付近に忌避剤を設置しておきましょう。忌避剤は、ハクビシンの天敵である生物のニオイなどを放っているため、設置することでその付近が自分にとって危険な場所であると認識させることができます。これで、ハクビシンが再び寄ってくることはなくなるでしょう。

 

ハクビシンを屋根裏から追い出すのがよしとされるワケ

ハクビシンを屋根裏から追い出すのがよしとされるワケ

 

なぜ、ハクビシンを追い出すことを推奨するのか。それは、動物保護法によりハクビシンが保護対象動物に指定されていることと関係しています。保護法の対象生物は、許可をとらずに無断で駆除や捕獲をおこなうことを禁止されています。

また、仮に法を破って駆除や捕獲をした場合でも、そのあとの処理をどうするかなどの問題が出てきます。そのため害獣の対処には、駆除や捕獲ではなく追い出すことを推奨しているのです。

 

ハクビシンを二度と寄せ付けないための環境づくり

ハクビシンが寄ってくるのは、その場所の環境が好ましい状態だからです。そのため、二度と被害を受けないために、ハクビシンを寄せ付けないための環境づくりを徹底する必要があります。

エサになりそうなものは置かない

ハクビシンはエサが近くにある環境に住み着く習性があります。そのため、まずはエサになるようなものを外に放置しないようしましょう。また、農作物などを栽培している場合は、それを食べられないように対策しましょう。

対策法としては、エサとなるものを物理的に隠すのが1番効果的です。なぜなら、ハクビシンは目でエサを探すため、視界にエサが映らなければ狙われる心配もありません。

寝床をつくらせない

ハクビシンは安全な場所に寝床をつくって生活します。その寝床が敷地内にあれば、当然そこに居ついてしまうので、そうした場所をつくらせないように注意しましょう。主に、通気口や使われていない小屋などを住処にすることが多いので、そうした場所に侵入できないように塞いでおきましょう。

また、雑草などが多い場所にも住み着くこともあります。もし雑草が庭に生い茂っているようなら、除草も徹底しておくことをおすすめします。

木を剪定する

ハクビシンは木を登って、高い場所から敷地内に侵入することがあります。そのため、侵入を促すような大きな木が敷地内にある場合は、剪定することでそれを防ぐことができます。ハクビシンは警戒心が強く、見通しがよくなっている木には登らないため、剪定するだけでも十分な予防になるのです。

侵入ルートを見つける

けもの道や足跡といった痕跡から侵入ルートを見つけることができた場合は、その場所に忌避剤や柵を設置することで侵入を防ぐことができます。ハクビシンは同じ道を何度も使う習性がありますので、効果的です。

 

追い出し失敗!?そんなときは駆除業者に頼んでみて

追い出し失敗!?そんなときは駆除業者に頼んでみて

 

ハクビシンの追い出しを試みたが失敗してしまったということもありますよね。そんなときは、慌てず騒がず専門の業者に相談してみましょう。

業者に任せれば安心・安全

専門の業者に依頼すれば、素人がおこなうよりも確実にハクビシンを駆除してくれます。また、専門的な知識も豊富なため、効果的な忌避剤のチョイスや設置場所の工夫もしてくれます。

また、追い出すのが難しい場合でも、資格を所有した専門の業者なら、適切な許可を得たうえで捕獲などの手段をおこなうこともできます。業者に依頼するのなら、信頼できるところに頼みたいところですよね。信頼できる業者とはどのような部分から判断していくべきなのでしょう。

信頼できる駆除業者にあてはまるもの

 

ポイント1:都道府県の許可や狩猟免状を持っているか

信頼できる業者の判断基準として、まずは都道府県の許可や狩猟免状を所持しているかを確認しましょう。こうした資格などを所持していない場合は、素人でもできるような方法しかできない業者の可能性が高いです。

こういった業者の場合、追い出すのが難しいとなった場合に、捕獲や駆除といった判断をとることができません。依頼するなら資格などを保持しているかを確認しましょう。

 

ポイント2:見積もり内容は詳細まで明確になっているか

業者に依頼するさいに、まずは見積もりをとることをおすすめします。そして出してもらった見積もりを確認し、不明瞭な部分がないかをチェックしてみましょう。もしも、よくわからない内容が記載されている場合は、業者に確認し説明を求めてみてください。

説明してくれたことで内容が把握できれば問題ないですが、説明された内容がよくわからなかったり、説明そのものを拒否してくるような業者は怪しいため、依頼は控えておきましょう。また、見積もりそのものを出してくれない業者は、お金を払う段階になって高額な請求をしてくるような業者の可能性があるため、依頼することは避けましょう。

 

ポイント3:保証制度の存在

依頼を考えている業者に保証制度があるかを確認するのも忘れないようにしましょう。仮にハクビシンを追い出すことに成功しても、また戻ってきてしまう可能性があり、そのまま住み着いてしますという可能性もあります。

そういったときに保証制度が存在していれば、再び依頼するさいに無料もしくは格安での対処をしてくれます。ハクビシンは追い出しても戻ってくる可能性が高い生き物ですので、それを考慮したうえで保証制度の有無の確認は怠らないようにしましょう。

 

まとめ

ハクビシンが屋根裏に住み着いてしまった場合、法律の関係からも駆除や捕獲ではなく、追い出すという手段をとる必要があります。追い出すことに成功したら、次にハクビシンが再びやってこない、新たに住みつかないようにするためにする必要があります。

エサになるようなものを放置しない、寝床をつくらせないなどの処置をおこなうことで住みつかないように予防することができます。しかし、追い出そうとしても失敗してしまうこともあります。その場合は、専門の業者に依頼することをおすすめします。

そのさいは、信頼できる業者を選択するためにも、都道府県の許可や狩猟免状を持っているか、見積もりは内容を正確に表記しているか、保証制度は存在しているかなどを確認のうえで判断してください。

評価はまだありません。
このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。