ハクビシン駆除の情報収集ならおまかせ!|ハクビシン駆除ナビ|ハクビシンの天敵|苦手なニオイを大活用!予防策や改善策をご提案

フリーダイヤル0120-021-072

最新情報・レポート

ハクビシン駆除:19800円〜&日本全国受付対応|ハクビシン110番の最新情報・レポート記事ページです

ハクビシンの天敵|苦手なニオイを大活用!予防策や改善策をご提案

家屋に被害を及ぼすハクビシンの対策を講じるうえで、ハクビシンの天敵を知ることは非常に大切です。なぜなら、天敵の臭いがハクビシン対策に効果を発揮するからです。 この記事では、ハクビシンの天敵や苦手な臭いなどをご紹介し、被害の予防法や改善法をご提案していきます。ここで読んだことをぜひ活用して、しっかりとハクビシンの対策を講じてください。 ただし、ハクビシンを駆除となると、各種申請が必要になってきます。そのため、もし駆除したいと思ったときには、業者へ依頼するとよいでしょう。

ハクビシンの天敵はどんなやつ?

ハクビシンは、現在では都心などでも多く見かけられるようになりました。そのため、ハクビシンによる家屋の損傷など、人々に与える悪影響も増えてしまったのです。 ハクビシンの被害を受けないためには、ハクビシンの天敵について知る必要があります。天敵の臭いを、ハクビシンは嫌うからです。ここではハクビシンの天敵についてご紹介します。

アライグマ

特定外来生物として認定されている「アライグマ」が天敵です。アライグマは、ハクビシンよりも大きな体と強い力をもっている、非常に凶暴な動物になります。 ハクビシンと生活範囲が被っていることもあり、天敵といわれているのです。そもそも、ハクビシンが都心に姿を現し始めたのは、アライグマとの縄張り争いに敗れたためといわれています。

タカ・フクロウなどの猛禽類

タカやフクロウなどの猛禽類も、ハクビシンの天敵です。ハクビシンの子どものころの体長はおよそ15センチメートルで、その大きさであると猛禽類にエサとして標的にされてしまうのです。 しかし、ハクビシンは3か月ほどで大人になり、体長はおよそ50~75センチメートルほどになります。この大きさになると、猛禽類から狙われることもグッと減るといわれています。 しかし、そもそも都心にタカやフクロウといった猛禽類は、誰かが飼育しているもの以外であまり見られないため、野生のハクビシンの天敵となることは滅多にないといえます。

その他の天敵

日本には生息していませんが、オオカミやトラ、ヒョウなどの肉食動物も天敵です。

侮ると危ない!ハクビシンの被害

ハクビシンは、そのかわいらしい見た目から軽視されることもしばしばありますが、野生動物として人間やその生活環境に与える被害は決して小さいものではありません。ここでは、ハクビシンが生活や健康に与える被害をご紹介していきます。

生活への影響

ここでは、ハクビシンが生活に与える被害や影響を確認していきます。もし下記の被害が見られる場合は、自宅にハクビシンが棲みついているかもしれません。 ・騒音被害 ハクビシンは、運動能力が高く木登りが得意なため、簡単に家屋の屋根裏に入り込むことができます。また、夜行性のため、人間が寝静まったころに屋根裏を活発に走り回ったりします。そのため、夜間に天井から足音や鳴き声が聞こえてくるなどの騒音被害を引き起こします。 ・糞尿被害 ハクビシンは、巣の近くの決まった場所に排泄をする習性があります。そのため、ハクビシンが棲みついた家屋では、屋根裏に大量の糞尿が溜まってしまい、天井板の腐食や陥没などの被害が発生することも少なくありません。また、糞尿はきつい臭いや雑菌の繁殖の原因にもなります。 ・住宅そのものへの被害 屋根裏にある断熱材を引き裂いて、中身を巣の材料にしてしまう場合があります。また、柱などの木材をかじったり引っかいたりして、家屋自体の損傷を引き起こすことも少なくありません。

健康への影響

ハクビシンが家屋に棲みつくことで受ける影響は、建物だけにとどまりません。人間への健康被害も懸念されるため、小さいお子様のいるご家庭では、より一層気をつけましょう。 ・病原菌を持ち込む ハクビシンは多くの野生動物と同じように多数の菌を保有しています。また、ハクビシンは菌に対する免疫が強いため、人間にとって害のある菌をもっていても元気に活動し、菌をばらまいているおそれがあります。 ・ダニやノミで感染症のおそれも 野生動物であるハクビシンの身体には、ノミやダニが無数に存在しています。そのため、ハクビシンが家屋に棲みついているということは、同時にノミやダニが屋内で繁殖しているということでもあるのです。 ノミやダニのなかには吸血性のものもいます。刺されると赤い跡ができ、1週間ほどかゆみが続きます。さらに、ダニの死骸や糞、脱皮殻はアレルギー反応を引き起こすこともあるのです。 アレルゲン(アレルギーの原因物質)に触れる機会が増えると、喘息やアトピー性皮膚炎を発症するリスクが高まります。とくに小児性喘息の大きな原因ともいわれているため、小さなお子様がいるご家庭ではより一層の注意が必要です。

ハクビシンの苦手なニオイを使う対策法

ハクビシンを寄せ付けない対策として、ハクビシンが嫌いな臭いを使う方法があります。ここでは、ハクビシンが嫌う臭いとその活用法をご紹介します。

天敵のニオイがする忌避剤を使う

ひとつ目の章では、ハクビシンの天敵についてご紹介いたしました。しかし、野生のアライグマや猛禽類の臭いをどこかで採取することは、極めて困難なことです。そのため、お金はかかってしまいますが、市販されている忌避剤の使用をオススメします。 市販されている忌避剤の代表的なものは、天敵であるオオカミの尿の臭いがする忌避剤です。この忌避剤を家の周りに設置することで、天敵の縄張りであると思わせて野生のハクビシンを敷地内に侵入させないようにする効果があります。 この忌避剤は、ハクビシン以外にも、ネズミ、シカ、野良犬、クマなどにも効果を発揮します。

刺激の強いニオイも苦手

ハクビシンは、ニンニクやトウガラシなどの刺激の強い臭いや石油系の臭い、木酢液などの臭いを嫌うため、忌避剤として効果を発揮します。 ・ニンニク すりつぶしたニンニクを穴の開いたペットボトルの中に入れて、家の周りや侵入口となりそうなところに置くことで、忌避剤としての効果を期待することができます。ただし、ニンニクの臭いを好む害虫もいるので注意が必要です。 ・石油系 ハクビシンは石油系の臭いを嫌うので、燻煙殺虫剤(くんえんさっちゅうざい)なども効果を発揮します。また、被害のあったところに、灯油などを染み込ませた古布などを使って灯油の臭いをつけておくことも効果的です。ただし、この方法をおこなう場合は、火事に十分注意しましょう。 ・木酢液 穴の開いたペットボトルに、市販の木酢液を薄めた液体を入れて、家の周りに置きます。また、木酢液を薄めた液体を散布することでも効果を得ることができます。

ハクビシンを近寄らせない工夫をしよう

忌避剤を使えば、ハクビシンは近づいてこなくなります。しかし、絶対とはいえません。ハクビシンが敷地内に入ってくることも考えられます。そのため、そもそも忌避剤を使わなくてもよいように、近寄らせない工夫をしましょう。日ごろからできる対策をご紹介します。

エサになるものを放置しない

ハクビシンは雑食性なのでなんでも食べます。そのなかでも、とくに糖度の高い果実を好むため、果物類は冷蔵庫などにしまうようにしましょう。また、生ゴミなども漁って食べるので、家庭で出たゴミの後片付けはしっかりするようにしましょう。

見晴らしの良い環境を作る

ハクビシンは見通しのよい場所を嫌います。そのため、庭先の雑草や落ち葉を撤去しておくことも効果的です。

侵入口をなくす

ハクビシンの侵入を予防するには、侵入口をなくしましょう。とくに外壁がもろくなったところや穴の開いている場所、通風孔などが侵入口として考えられます。非常に小さい穴からでも侵入できてしまうので、確実に入れないように施工することと、定期的な点検をすることが大切です。

ハクビシンの駆除はプロにおまかせ

ハクビシンの対策をしても被害が減らない場合は、本格的な駆除を検討するかと思います。しかし、ハクビシンは無断で駆除してはいけません。そのため、業者に依頼することをオススメします。 業者にまかせれば、各種必要な申請から駆除までスムーズにおこなってもらえるからです。ここでは、ハクビシンの駆除に関して解説していきます。

無許可で捕獲は法律違反

ハクビシンは、鳥獣保護法に指定されているため、無許可での捕獲処分は法律に違反することになります。捕獲する場合は、管轄の市町村に対して、有害鳥獣の捕獲許可申請が必要になるのです。 業者の多くは、依頼すれば捕獲許可申請など必要な手続きもやってくれますが、念のため、何かやるべきかどうか、業者に依頼する際に相談しましょう。

駆除はプロにおまかせ

ハクビシンが自宅に棲みついてしまったときには、なるべく早い対応が必要になります。放置していれば繁殖して数を増やしたり、建材を食べられたり引っ掛かれたりするなど、どんどん被害が拡大していくおそれがあるのです。 さらに、糞尿やノミ・ダニといったものによって、健康被害を及ぼすおそれも高くなっていきます。 仮に忌避剤などを用いてハクビシンを自力で追い出せたとしても、再侵入の防止策をしっかりと講じることは極めて難しいです。そのため、被害にお悩みの方は、ぜひ一度業者に依頼してはいかがでしょう か。

まとめ

ハクビシンは家屋に棲みつき、建物と人間の両方に被害を及ぼす害獣です。天敵であるアライグマと生活範囲が被っていることもあり、近年では都心でも被害が確認されるようになってきました。 ハクビシンの対策には、天敵の臭いを活用するのが効果的です。天敵には、日本に生息しているものであればアライグマやタカ・フクロウといった猛禽類や、日本には生息していないトラやオオカミなどが挙げられます。 しかし、そういった天敵の臭いを自力で採取することは無理難題に等しいです。そのため、市販されている道具を使って忌避するのがよいでしょう。市販されている、天敵の臭いを使った忌避剤には、オオカミの尿を用いた忌避剤は高い効果を発揮します。 天敵の臭い以外にも、ニンニクや石油系、木酢液などの臭いを嫌うため、設置しておくと忌避剤として効果を発揮します。さらに、ハクビシンを寄せ付けない方法としては「侵入口を塞ぐ」「エサになるものを撤去する」「見晴らしのよい環境を作る」など、日ごろからできる工夫も効果が高いです。 家屋に対する被害や、保有している菌や寄生しているノミやダニによる健康被害を引き起こすハクビシンですが、鳥獣保護法によって守られているので、無許可で捕獲や駆除をおこなうことができません。 業者に依頼すると、許可の申請やその後の処理もスムーズにおこなってくれます。そのため、ハクビシンによる被害にお悩みの方は、業者に依頼することをオススメします。
5/5 (1)
このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。

※当サイトの表記価格は全て税抜き価格です。
別途消費税がかかります。